CRB-062219-946 夫の三周忌を親友と一緒に祝いました

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


今日は夫の3年目の命日ですが、思い返すたびに夫が私のもとを去ったことが未だに信じられません。幸いなことに、過去 3 年間、私の親友はいつも私のそばにいて私の世話をしてくれ、私が痛みと愛の欠如を忘れるのを助けてくれました。夫の気持ちを紛らわすために自慰だけをする日々が続いた後、私はそのような生活を続けることができず、まだ若かったので他の女性のように犯され、幸せにセックスしたかったのです。私は欲望に満ちた親友の腕の中に落ちました。彼は夫よりもペニスが大きく、セックスのスキルがはるかに優れていました。おそらく私は本当に彼に恋をしたのでしょう。